サイトマップ

キレーション点滴

  1. HOME >
  2. 内科 >
  3. キレーション点滴
キレーション点滴

キレーション療法(点滴)とは、合成アミノ酸の一種であるキレート剤という薬剤を用いて、
環境汚染などの影響で知らず知らずのうちに体内に蓄積し留まってしまった人体に不要な
有害な金属や ミネラル 老廃物を取り除きます。

(鉛 水銀 カドミウム等)をはさみこむように捕まえ、
尿とともに体外に排泄させる働きを促す治療です。

(キレートの語源は、「カニのハサミ」という意味です。
画像
キレート剤は、カニがハサミで物を挟むような形で重金属と結合する薬剤なので、
キレーション点滴をすることで、有害な重金属が対外へ排出する仕組みなのです。)

それにより、抗酸化物質が身体のサビを取って角質の代謝を促進するため、
カルシウムやコレステロール等の代謝機能を改善し、
血液がサラサラになり細胞の活性化、若返り
また 軽い記憶力低下などの症状を改善する脳のアンチエイジング効果もあります。

血液が浄化され、血流が増し、体内の臓器機能を正常化し、
全身の細胞が活性化して状態を改善します。

肌への血流も向上するため、角質代謝がよくなり、
くすみ、ニキビや吹き出物などの肌荒れにも効果的です。

さらに、免疫機能の改善や強力な抗酸化作用による細胞の老化予防により
「若返り」といわれるアンチエイジング効果も期待されています。