本日 113 人 - 昨日 150 人 - 累計 7826 人 サイトマップ

禁煙治療

  1. HOME >
  2. 内科 >
  3. 禁煙治療
禁煙相談絵文字
画像
喫煙は自分自身だけでなく、その周囲の人々の健康にも様々な悪影響をもたらします。
「禁煙ができない」というと、意思の弱さを指摘する人も多いですが、
ニコチンの持つ強い依存性が原因であり、医師による適切な治療法が必要です。

★ニコチン依存症を判定するテスト(TDS)
下記の10項目の質問に 「はい1点」または「いいえ0点」で答え「どちらでもない場合0点」とします。
合計点が5点以上ならニコチン依存症とされます。
チエックしてみましょう絵文字

1 自分が吸うつもりよりも、ずっと多くタバコを吸ってしまうことがありましたか。
2 禁煙や本数を減らそうと試みて、できなかったことがありましたか。
3 禁煙したり本数を減らそうとしたときに、
 タバコがほしくてほしくてたまらなくなることがありましたか。
4 禁煙したり本数を減らしたときに、次のどれかがありましたか。
 イライラ・眠気・神経質・胃のむかつき・落ち着かない・脈が遅い・集中しにくい
 ・手のふるえ・ゆううつ・食欲または体重増加・頭痛
5 上の症状を消すために、またタバコを吸い始めることがありましたか。
6 重い病気にかかったときに、タバコはよくないとわかっているのに吸うことがありましたか。
7 タバコのために自分に健康問題が起きているとわかっていても、吸うことがありましたか。
8 タバコのために自分に精神的問題※が起きていると分かっていても、吸うことがありましたか
9 自分はタバコに依存していると感じることがありましたか。
10 タバコが吸えないような仕事やつきあいを避けることが何度かありましたか。


禁煙外来では呼気一酸化炭素(CO)濃度測定により、
息の中にどれくらい一酸化炭素が含まれているか測り、治療していきます。
(一酸化炭素はタバコの煙に含まれている有害物質の一つです。)

呼気CO濃度    喫煙レベル

0~7ppm     非喫煙者
8~14ppm    ライトスモーカー
15~24ppm   ミドルスモーカー
25~34ppm   ヘビースモーカー


★禁煙治療の流れ

禁煙補助薬の特徴と使い方の説明を受けて、あなたに合った薬を選びます。
通常 12週間にわたる禁煙治療です。

初回診察から2週間後、4週間後、8週間後、12週間後に診察を受けます。
初診から2週間後以降の診察では、次の4点について確認します。
1. 1診察:喫煙(禁煙)状況の確認、体調チェックなど
2. 2一酸化炭素量の測定
3. 3禁煙を継続するためのアドバイス(ニコチン依存症の対処法など)
4. 4禁煙補助薬の効果の確認、副作用の対応など
計5回の診察を通じて、禁煙効果を実感できます

きちんと禁煙されている場合は 呼気CO濃度が 下がってきます。絵文字絵文字

診察を受けるたびに、禁煙によって体調や精神状態が変わっていくことを実感できるはず。自分一人では、この実感を得ることはできません。

医師と一緒に 禁煙治療してみませんか?絵文字
画像

予約制ではございません
内科 診察時間にお越しください。