介護について

介護について

青い見開きの介護保険証というものが65才になる月のはじめに
市町村から送られて来ます。

その時は介護なんて?と思われる方もいらっしゃるかも知れませんが
大事にしてください。

もしご自分やご家族が介護保険で何か使いたいなと思った時に必要になります。 

はじめて申請される方は
青梅市の場合は青梅市役所 高齢介護課(1階 10番窓口)
に 青梅市介護保険申請書を取りに行かれてください。

その際 青い介護保険証 認め印 (主治医が決まられている方は主治医の
所在地 氏名 電話番号のメモも)をお持ちください。

主治医意見書という紙を配られます。
その紙を持ってかかりつけ医に行かれて 
今の状態を先生にお話しください。
どのような状態か 何が困っているかなど

(継続の場合も今の状態を先生にお話しください 何ヶ月かたつと状態が変わってる場合があるからです)
私個人の意見では ご家族が一緒に行かれてお話しされることをお勧めしてます。 
ご本人の前では話しずらいことは紙に書いたり
あとから ご家族様だけでお話しすることもできます。

その後認定調査として お電話のあと ご自宅に調査員が見えます。
(こちらもご家族が同席してお話しすることをお勧めしてます)
認定調査とはご本人 ご家族に心身の状態をお聞きするものです。
どのような状態か 何に困っているか 今後どのようにしたいか

認定調査後 結果が通知され その結果により介護保険を使用できます。
(例えば ディサービス 筋力低下を防ぐディ ショートスティ 訪問看護
 訪問入浴 訪問リハビリ 通所リハビリ 入所 など)

要支援の方は 青梅市の包括支援サービス(地域によって違います。)
要介護の方は ご自分でケアマネジャーを選びます。
(わからない場合 こちらも ご相談にのります)
担当になったものが その方にあったプランを考えます。


当診療所でも介護のご相談にのりますので 
わからない方や ご家族のことなどで
悩まれている方 お一人で抱え込んでる方など 
どうぞお話しください。絵文字